Gift For Your Life

カタログギフトで選ぶ贈答品

カタログギフトで選ぶ贈答品 子供を出産した家庭に出産祝いを贈るに際して、相手側が欲しいと思うものはある程度想像できます。
子育てのために必要な赤ちゃんのお洋服であったりおむつであったりと贈って喜ばれるのに間違いがないものが明確に把握できます。
しかし贈られた側がお祝い返しをする場合には、それぞれの家庭において贈られてうれしいと思うものが把握でいないのが普通です。
こちらが良かれと思って贈ったものが、相手にしてみればそうでもないものもあります。
物が豊富になった現在では、相手が欲しいものをピンポイントで把握することは難しいです。
そのような現代において便利なものがカタログギフトです。
贈る方としては値段だけを決めてその範囲内で交換できる品物のカタログを相手に送り自由に選択して交換してもらうという仕組みです。
カタログギフトであれば何を贈ろうかとあれこれとこちらで贈答品を悩んで決める必要もなく便利ですし、相手が贈答品を選択するために間違いなく相手に喜んでもらうことができます。

カタログギフトについて

カタログギフトというとアズユーライクのキャッチコピーが流行った時期がありました。
ギフトというとお中元とかお歳暮の時期に知人や友人、親戚関係に対して贈答品が贈られることが多いものです。
あるいは冠婚葬祭でのお祝いや49日法要での忌明けに香典返しを行う機会もあります。
これまでに相互に関係者間で贈答品のやり取りが行われ、ある程度それらの品々は家庭に眠っている場合も多いものです。
当人との間柄も様々で先方様がどういう年齢の人であって嗜好品としてはどういうものがあるのかは、把握しきれない場合も多いものです。
こういう場合にカタログギフトならお世話になった金額相当も資料から分かりますし、それに対する品選びの際には額に応じて送付することが出来、しかも先方様本位で選択することができるもので合理的とも言える方法です。
以前は贈答品選びについてはもっぱら勘に頼っていたこともあり、考えることは皆同じといったこともあって品物がダブルこともありましたが、その点カタログギフトについては理にかなった方法と言えそうです。